トイレ修理

トイレの床の水漏れは修理しなくても直るケースもあります。

トイレの床から水漏れした時の適切な対処方法
トイレの水漏れで最も注意すべきは『床からの水漏れ』です。
トイレの床はタンクや給水管からの水漏れと違い、最悪の場合床に埋設された 排水管など配管・パイプ類から何らかの理由で水漏れしているケースも少なくありません。
しかし、仮に床に水たまりができていても、必ずしもそうであることは稀で、 単純に便器の結露や他所の水漏れが伝って水が溜まっている、ということもあります。

トイレの床が水漏れしていたら焦りは禁物。
冷静に水漏れ箇所を突き止めるようにしていきましょう。

『トイレの床から水漏れした時の適切な対処方法』

目次:クリックorタップでその項目を表示します。

トイレの床が水漏れしていた場合の原因特定方法

トイレの床が水漏れしていると思っても、実際は他の場所から水が伝っていることが良くあります。
修理業者を呼ぶ前に原因を特定することで、もしかしたら自分でも簡単に直せるかも。
まずはそれを判断できるようにしていきましょう。

給水管からの水漏れ

トイレの床が水漏れしていた場合の原因特定方法:給水管からの水漏れ

まずは外部要因を確認。
タンクに水を送る給水管が何らかの原因で水漏れしており、
それが側面を伝って床に水たまりを作っているケースです。
見えている配管やパイプ類を確認してみましょう。

★原因
おそらくナットなどの接続が緩んでいる、
あるいは内部のゴムパッキンが劣化している可能性があります。

タンクからの水が溢れている、もしくは漏れている

トイレの床が水漏れしていた場合の原因特定方法:タンクからの水が溢れている、もしくは漏れている

タンクからの水漏れも要確認。
特に水が溢れている状態だと、床に水が漏れていることも良くあります。
正面からは問題がなくても、タンクの下部、または背面から漏れている可能性があります。
タンク全体を確認してください。

★原因
タンク内部のゴムフロートやボールタップなどの各種部品が故障、劣化している。
給水の量が多い、などの原因が考えられます。
他にもネジやパッキンなど様々な要因が考えられます。

タンクと便器の接続部分の不調

トイレの床が水漏れしていた場合の原因特定方法:タンクと便器の接続部分の不調

タンクと便器の接続部分からポタポタ垂れているケースです。
トイレの形状によっては見えにくい部分でもあるので、よく確認してください。
画像は和式の場合ですが、洋式トイレでも同じようにタンクとの接続箇所を確認しましょう。

★原因
この場合、接続しているナットなどの緩み、
またはゴムパッキンの劣化が考えられます。

ウォシュレットから水漏れしている

トイレの床が水漏れしていた場合の原因特定方法:ウォシュレットから水漏れしている

ウォシュレットなど温水便座を使用しているなら、
給水タンクやホースなどからの水漏れが、
そのまま側面を伝って便器の側面に流れ込んでいるかもしれません。

★原因
給水ホースの目詰りや破損、内部機器のゴムパッキンの劣化など。

便器のひび割れ

トイレの床が水漏れしていた場合の原因特定方法:便器のひび割れ

掃除のために熱湯を使った、強い衝撃が加えられたなどの外的要因から起こりうる可能性です。
しかしこの原因はまれなケースです。

★原因
便器は陶器なので衝撃や熱湯に弱いです。
最近このような事がなかったか思い出してください。

トイレの排水管の詰まり

トイレの床が水漏れしていた場合の原因特定方法:排水管の詰まり

トイレの排水管が詰まることによって流れが悪くなり、
その結果排水管から水が漏れているケース。
排水管は床に埋まっていることが多いので、
特に便器と床の接続部分からの水が漏れているときはこの原因が考えられます。

★原因
トイレが詰まることで起こります。
ただし、この原因もあまり起こりにくいケースです。

便器の結露

トイレの床が水漏れしていた場合の原因特定方法:便器の結露

陶器とトイレ室内の温度差によって、陶器表面に水滴が発生する現象です。
totoなど防露タイプのトイレもありますが、特に築年数が経っていると結露が起こりやすいです。
結露が大量に発生すると床に水たまりが出来るだけでなく、
トイレの床に黒ずみや、トイレの背面部分など見えないところにカビなどが発生します。
特に冬場に見られることが多い原因です。

★原因
トイレ室内の温度差、室外との温度差、また湿度の変化によって、
便器の露点温度というものが変化し、結露が起こります。
とにかく温度差を付けないことが重要です。

床の水漏れ箇所を確認するにはまず水を流してみる

トイレの床に水漏れを発見したら、考えられる原因は主に以上の7つ。
目に見える箇所で確認が取れなければ、まずはトイレの水を流して様子を見ます。
原因箇所が特定でき次第、止水栓か元栓を締めて水を止め、
それから修理や対処をしていきましょう。

ケース別対処法まとめ

床の水漏れ原因を特定したら、それぞれに適切な対処をしていきます。
基本的には接続箇所の緩みを直したり、部品の交換が必要です。
また、便器の結露対策は個別で行います。

各種接続部分の緩みを直す

トイレ床の水漏れケース別対処法まとめ:各種接続部分の緩みを直す

★水漏れの原因

  • 給水管
  • タンクと便器の接続部分
  • タンク内の部品の故障など
  • その他接続箇所からの漏れ

とにかくまずは緩みがないか確認。
緩みを締め直すだけで水漏れが収まることも多いです。
ただし締めすぎには注意してください。
画像の例は和式ですが、洋式でも基本は同じ構造です。

ゴムパッキンなど各種部品の交換

トイレ床の水漏れケース別対処法まとめ:ゴムパッキンの交換
トイレ床の水漏れケース別対処法まとめ:各種劣化した部品の交換

★水漏れの原因

  • タンクや給水管
  • タンク内部の水が溢れている
  • その他接続箇所からの水漏れ

各接続箇所に緩みがなければ、あるいは締め直しても漏れ続ける場合。
内部のゴムパッキンなどの部品が劣化しているかもしれません。
一度ナットなど接続を分解して中の部品を確認し、交換する必要があります。

ゴムフロートやボールタップなどの修理・交換

トイレ床の水漏れケース別対処法まとめ:ゴムフロートの修理や交換
トイレ床の水漏れケース別対処法まとめ:ボールタップの交換

★水漏れの原因

  • タンク内部のゴムフロートの劣化・破損
  • タンク内部のボールタップの劣化・破損

タンク内の異常によりタンクの蓋などから漏れている場合は、
それぞれの故障箇所や劣化部品を交換します。
タンクを開けて中を確認してみてください。
直接触って緩みがないか、壊れていないか確認します。
タンクの水漏れ修理に関しては以下のページをご覧ください。
・トイレタンクの水漏れ修理を今すぐ実践するための3ステップ

便器の結露の対策や原因と直し方

トイレ床の水漏れケース別対処法まとめ:便器の結露の対策や原因と直し方
トイレ床の水漏れケース別対処法まとめ:便器の結露の対策や原因と直し方その2

トイレの便器が結露することによって床に黒ずみを作ったりなど、
水漏れの原因になることが多いです。
上記の原因が見られない時はこの結露を直すことで解消できることが多くあります。

★原因
簡単に言えば温度差によって結露は生じます。
室温と湿度などが変化すると便器の温度や水温が関わって露点温度という
結露が生じる条件が整ってしまうことが多いのです。
単純な話、対策するにはこの温度差を無くすことが一番早いです。

★対策と直し方

  • 換気を徹底する
  • 便器内の温度を温める

一度便器の水滴を拭きとって、それから換気を行うようにしてください。
温度を一定に保てば結露を防ぐことが出来ます。
また、温水便座の暖房機能を使うことも有効です。
しかし、電気代を考えると換気扇を付ける、窓があれば窓を開ける、
可能であればトイレのドアを開放しておく、などの対策が最も費用がかかりません。

防露タイプのトイレの結露を対策するには

防露タイプのトイレの結露を対策するには
出典:www.lixil.co.jp
防露タイプのトイレタンクの結露を対策するには

トイレの中には元々断熱材が使われており、結露を防ぐ防露加工が施された物があります。
もしそんなトイレを使っていても結露が起こる場合、断熱材である発泡スチロールが剥がれている可能性が。
画像を参考に、特にタンクの中にある発泡スチロールなどの状態を確認しましょう。
便器内に使われている物は構造上分解する必要があるので、
ご家庭で応急処置できるのはタンクの防露材のみとなります。

★タンクの防露材を応急処置する方法
タンクの蓋を開け、できるだけ水気を取って乾燥させます。
その後、シリコンや防水材を発泡スチロールとタンク壁面の隙間に流し込みます。

★結露防止スプレーを使用して便器の結露対策
市販されている結露防止スプレーを使用すれば、タンクのみならず便器の結露防止も可能。
使う前に綺麗に表面を拭きとって汚れをなくしておきましょう。
それからスプレーを吹きかけ、乾いた雑巾で液を全体に伸ばすように吹けば完了です。

★吸水シートを使うならこまめな交換が必要です。
市販の吸水シートなどを使用する場合、結露の状態によってはすぐに水気が多くなってより床に水気が伝わってしまいます。
そうなる前にこまめな交換が必要なので注意してください。

それでも直らない時は?

上記の方法を試しても効果がないときは、他の理由から水漏れしています。
例えば便器と床の接地面に隙間が出来て、そこから水が滲み出ている、
もしくは埋設された排水管の破裂などの水漏れ、などです。
こうなると便器を取り外しての大規模修理が必要ですが、
その前に、まずはちゃんと対策できているか確認しましょう。

トイレ床の水漏れ対策セルフチェック項目

  • 室温は一定に保たれているか?
  • 給水管やタンクと便器など各種接続箇所は緩んでいないか?
  • 部品の交換は適切に行われたか、部品は間違っていないか?
  • 結露は起きていないか、対策は万全か?
  • 便器の背面など見えない箇所のチェックはちゃんと行ったか?

基本的にトイレの床から水が直接漏れてくることはめったにありません。
大体は他の水漏れが伝って床に水たまりを作っていることが考えられます。
これだけ確認しても直っていなければ、修理業者への見積を検討するべきでしょう。

【トイレ】つまり修理やタンクの水漏れ・トラブル即解決

対応エリア
対応エリア地図
  • 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
  • 愛知県、三重県、岐阜県
  • 大阪府、京都府、奈良県、兵庫県
対応メーカー一覧
対応メーカーロゴ

TOTO(トートー) LIXIL(リクシル) INAX(イナックス) MYM SAN-EI(三栄) JWWA
NORITZ(ノーリツ) Rinnai(リンナイ) サンウェーブ タカラスタンダード
YAMAHA(ヤマハ) タカギ TBC(TABUCHI-タブチ) KVK KAKUDAI(カクダイ)

悪質業者にご注意ください
PAGETOP
受付コード【889】 
Copyright © 町の水道修理センター All Rights Reserved.