トイレ修理

便器にチョロチョロ水が流れて止まらなときはこれが原因だ!

トイレの水が止まらない!?水漏れ原因のチェックポイント
トイレの水漏れの中でもよくあるのが便器に水がチョロチョロ流れ続けて止まらないこと・・・

そして、しばらくすると止まる症状を繰り返していると、いつの間にか常に出っぱなしの 状況にもなります。早く直さないと水道代が大きくなって大変なことになります

こういったトイレのチョロチョロ漏れはいくつか主な原因があり、それを特定できれば 適切な修理が可能。もちろんその分費用も安く抑えることも可能です。

トイレの水漏れでお困りなら、まずはこのページを参考に原因を探ってみてください。


トイレの水が止まらないときの応急処置として、最初に必ず止水栓を止めましょう。
大抵トイレの横か壁際にあるはずです。もしわからない場合は水道の元栓を締めて水の流れを止めてください。それから原因を特定して対処していきます。

トイレの水が流れる仕組み

トイレの水が流れる仕組み


まずはトイレの水が流れる仕組みを理解しましょう。

画像のように、レバーを引くと一連の動作で水が流れ、同時にタンク内に給水が行われます。 つまり、トイレで水が止まらなくなる大きな原因は、タンクの異常によるところが大きいです。

タンクを開けて中を確認するときは、止水栓を締めた状態でレバーを引いて水を全て流しておきます。 タンク内に水が入った状態だと作業しにくので、必ず最初に行ってください。

手洗い管の水が出る仕組み

画像の4番で「タンクに給水」されるときボールタップ内のパイプが開くと同時に、手洗い管への排水弁も開きます。

給水が完了して浮き球が適切な位置に戻ると、同時に手洗い管への給水も止まる仕組みです。

原因1:手洗い管から水が止まらない

手洗い管から水が止まらない


トイレタンクに設置された手洗い管から水が流れ続ける主な原因は以下の3つ。

  • ボールタップが動いていない
  • ハンドルレバーの玉鎖が絡まっている
  • パッキンなど接続部分の劣化や老朽化

一番大きな理由としてはボールタップの故障です。 また、ボールタップが機能しない理由の中にハンドルレバーの鎖が浮き球などに絡まってちゃんと上下していないことも考えられます。

いずれにしても一度タンクの中を確認しましょう。

対策方法・直し方

・鎖の絡まりを解く
レバーの鎖を適切な場所へ戻してあげます。

その時、底の方で鎖がある程度余裕を持つように長さの調整が出来ればベストです。 もし鎖が錆びていたり老朽化していれば、新しいものと交換しましょう。

・ボールタップの故障を直す
ボールタップを動かしてみて緩んでいるようなら接続部分を締め直します。

また、水位の調節ができていないこともあるので、水位調整リング、または浮き玉自体を回転させて調節してみます。

・パッキンなど老朽化した部品の交換
タンクのフタの裏側を確認すると、ナットで締め付けられているはずです。それを外すとゴムパッキンがあります。

もし手洗い管からポタポタ止まらない時はこのゴムパッキンが劣化しているので、新しい物と交換してください。

原因2:便器内に水が流れ続ける

便器内に水が流れ続ける原因は?


便器内にチョロチョロ流れ続ける、あるいは大量に水が流れる場合、主に以下の原因が考えられます。

  • ゴムフロートが機能していない
  • オーバーフロー管より水位が上

最も考えられるのはゴムフロート関連です。 タンクの底にある黒いゴムのフタは、便器内に水が流れるのを調節しています。

洗浄剤や節水用のペットボトルで位置がズレると便器内に水が流れ続けるのです。

対策方法・直し方

・ゴムフロートの位置を直す
ゴミや何かが挟まっているだけでも水が止まりません。位置がズレていたら正しい場所へ設置し直します。

・ゴムフロートの交換
触ってみて黒い粉が付くときは、ゴムフロート自体が劣化しているのでちゃんとせき止めきれてないかもしれません。 新しいゴムフロートと交換しましょう。

・タンク内の水位を調整する
ボールタップを動かしてみて緩んでいるようなら接続部分を締め直します。

また、水位の調節ができていないこともあるので、水位調整リング、または浮き玉自体を回転させて調節してみます。

・オーバーフロー管を交換する
老朽化などでオーバーフロー管が破損している場合新しいものと交換しましょう。

原因3:タンク内の給水が止まらない

タンク内の給水が止まらない原因は?


タンクの中で水が流れ続ける音が聞こえてくる場合、主に以下の原因が考えられます。

  • ボールタップの故障
  • 浮き球が機能していない
  • ゴムフロートの故障

タンクの給水はボールタップと浮き球で調整しています。

水位が適切な位置まで貯まると、ボールタップの止水弁が自動的に止る仕組みです。 また、ゴムフロートがちゃんと蓋をしていないと水が流れ続けてしまいます。

対策方法・直し方

・ボールタップの緩みや浮き玉の状態を確認
ボールタップのアーム部分を触ってみて、緩んでいるようなら締め直します。 また、浮き玉とのアーム部分が折れていたりすることもあるので、そういった時は新しいものと交換します。

・ゴムフロートを調整する
先述したとおり、ゴムフロートの位置ズレの可能性があります。 正しい場所へ設置し直す、あるいは劣化しているなら新品へ交換します。

タンクレストイレの水が止まらない場合

タンクレストイレの水が止まらない場合

タンクレストイレは基本的に電気系統で給水・止水を管理しいています。なので中の機能を確認するには分解が必要です。

タンクレストイレの水が止まらない場合:メーカーへ問い合わせる

分解するのは画像の赤丸で囲った部分。タイプによって形は様々ですが便座の裏側に制御する箇所があります。

安易な分解は危険なので最初にメーカーへ連絡を

おそらく原因は給水バルブのシャフトが錆びていたり、汚れで固着することによる動作不良だと考えられます。

しかしタンクレストイレの故障は電化製品の故障と同じで、とりあえず最初はメーカーへ直接問い合わせるのが一番かと思います。

とにかく止水栓を締めて水の流れを止めた後、電源を抜いてメーカーへ聞くのがより確実です。

トイレの水が止まらない原因のまとめ

トイレの水が止まらない理由は、大きく分けるとタンク内の故障によるもの。水が流れる仕組みを理解できれば簡単に直すことができます。

急にトイレの水が止まらないときは、まずは最初に止水栓を締めること。そうすれば、とりあえずは水を止めることができるので、 その後で冷静になって原因を突き止めるように心がけましょう。

どうしても直らない・・・業者へ依頼するときの料金相場

トイレのつまりの解消なら即日解決の「町の水道修理センター」にお任せ!

どうしてもトイレの水が止まらない、直し方がわからない時は当町の水道修理センターへぜひご相談ください!

まずは無料お電話見積からご利用していただければ、ご要望にあった修理プランをご提案させていただきます。 事前見積と明瞭会計を徹底しておりますので、作業後に追加料金が発生するなどは一切ございません。

現地見積には熟練した修理のプロがお伺いしますので、何か気になった点があれば何でもお気軽にお問い合わせください!

下の料金表は修理料金の相場としてもご参考いただければ幸いです。

水洗トイレのつまり・水漏れ修理の料金価格表

WEBを見てお問い合わせ頂いたお客様は
キャンペーン価格でご対応いたします!
※料金はすべて税込価格です。
修理の種類 WEB限定料金 通常料金
トイレの詰まり 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~
トイレの水が溢れる、止まらない 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~
チョロチョロ水が漏れている 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~
タンクに水がたまらない 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~
異臭、悪臭がする 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~
ウォシュレット、温水便座の水漏れ不具合(故障) 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~
ウォシュレット、温水便座の取り付け(交換) 11,880円(税込み)~ 19,440円(税込み)~

その他、トイレの水漏れ以外に関するトラブルも即日対応で迅速に解決いたします!

【トイレ】つまり修理やタンクの水漏れ・トラブル即解決

対応エリア
対応エリア地図
  • 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
  • 愛知県、三重県、岐阜県
  • 大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、滋賀県
対応メーカー一覧
対応メーカーロゴ

TOTO(トートー) LIXIL(リクシル) INAX(イナックス) MYM SAN-EI(三栄) JWWA
NORITZ(ノーリツ) Rinnai(リンナイ) サンウェーブ タカラスタンダード
YAMAHA(ヤマハ) タカギ TBC(TABUCHI-タブチ) KVK KAKUDAI(カクダイ)

悪質業者にご注意ください
PAGETOP
受付コード【889】 
Copyright © 町の水道修理センター All Rights Reserved.