トイレ修理

トイレタンクに水がたまらない・たまるのが遅くなった・水量が少ない!4つの原因別対処法



「急にトイレのタンクに水がたまらなくなった」、「水がたまるのが遅くなった」、という経験はありませんか。水の勢いがゆっくりでなかなかトイレが流せなかったりすると、イライラしてしまいますよね。

実はこのトイレのトラブルは、自分でも簡単に修理できます。よくある原因別に修理方法をご紹介します。業者を呼ぶ前に、自分でも直せるかどうかチェックしてみましょう。必要なのはマイナスドライバー1本です。 

タンクに水がたまらない原因をチェックする前に

まずトイレのタンクの修理を始める前に、確認しておくことがあります。それは、断水のチェック。

近所で水道工事をしていたり、マンションの場合、メンテナンスで断水という可能性もあります。まずは、他の蛇口から水が出るかをチェックしましょう。問題なく水が出れば、トイレのトラブルだとわかります。よくある4つの原因別の対処法をみていきましょう。

原因1:止水栓の開け忘れ



トイレのタンクに水がたまらなくなる、たまるのが遅くなるトラブルで多いのは、止水栓の開け忘れです。トイレタンク内までよく掃除したりする方は、掃除の際に止水栓を閉めますが、終わった後に開け忘れてしまうと、トイレを流しても水が出なくなってしまいます。また開度が足りないと、水の流れが弱くなりたまるのに時間がかかるようになります。

直し方は簡単。用意するのはマイナスドライバーです。止水栓はタンクへとつながる給水管についています。止水栓には「-」の溝がついているので、そこにマイナスドライバーをあてて、反時計回りに回すと開くことができます。開くにつれて水の流れる音が聞こえれば修理完了です。

ただし、止水栓の開度を大きくしすぎると、水の勢いが強すぎて、水がタンクの外にあふれることもあります。止水栓を開いたら、タンクのフタを開けて、タンク内の水位がオーバーフロー管よりも下でしっかり止まるのを確認します。



原因2:タンク内浮玉(浮袋)の位置



「止水栓が開いているのに水がたまらない、たまるのが遅い」という場合、タンク内の浮玉(浮袋)を確認しましょう。タンクのフタを開けると、中には球状の浮玉が入っています。この浮玉が上下することで、水が流れたり止まったりします。

タンクの中の給水管や壁など他のものにひっかかって、浮玉が上がった状態のままだと水がたまらなくなったり、たまるのが遅くなります。ひっかかりの原因を解消してあげるだけで、修理は完了です。

トラブルの件数としてはあまり多くありませんが、浮玉の劣化で浮玉が下がらなくなることもあります。浮き球のアーム部分が錆びついている場合は、ブラシで錆びを落としてきれいにします。

それでも浮玉が下がらないトラブルが続けて起きるときは、浮玉の交換を考えましょう。

浮玉は各メーカーのHPだけでなく、ホームセンターでも購入できます。ほとんどの場合、浮き球だけでなく、ボールタップ(浮玉の動きに合わせて給水・止水する部品)とセットになっているものを購入することになります。メーカーを問わず、ほとんどのトイレに対応している万能タイプもあります。

原因3:フィルターの目詰まり


出典:タンクのお掃除方法 タイプ2 | TOTO

「止水栓は開いているし、浮玉も下がっているのに、水がたまるのが遅い」という場合は、ボールタップのフィルターの目詰まりが原因の可能性があります。フィルターで砂やサビがタンク内に入り込むのを防いでいるのですが、ごみがたまりすぎると、水の流れが悪くなり、タンクに水がたまるのが遅くなります。


フィルターの掃除方法は以下のとおりです。

1.止水栓を閉める

2.ボールタップからフィルターを取り外す
フィルターロックがついている場合は、フィルターロックを取り外します。フィルターはイラストのように色が違う場合や、キャップが付いていて回して外すタイプが多いです。プラスチック製のキャップを手で反時計回りに回すと取り外せます。中にはフィルターが固着してしまっている場合もあります。取り外すときは、ボールタップをしっかりともう片方の手で押さえて、ボールタップを破損しないように気を付けます。


出典:タンクのお掃除方法 タイプ2 | TOTO

3.中の網目状のフィルターを水洗いする
フィルターについた砂やサビ、ゴミをきれいに取り除きます。

4.きれいにしたフィルターを再度取り付ける

5.止水栓を開けて水が出れば修理完了
ボールタップにフィルターがない場合、止水栓を確認しましょう。給水管がソケットで止水栓に取り付けられている場合、ソケットを取り外すと、中にフィルターが取り付けられている場合があります。

他にもウォシュレットタイプやタンクレストイレをお使いの場合、フィルターの位置が通常と異なります。メンテナンスガイドやメーカーホームページからフィルターの掃除方法を確認しましょう。

原因4:ダイヤフラムの劣化

タンクに水がたまらない、手洗い管から水が出ないというトラブルの場合、ダイヤフラムの劣化の可能性も考えられます。

ダイヤフラムはボールタップの中に取り付けられている部品で、給水管の水圧をコントロールしています。パッキン部分が劣化すると、タンクに吸水されなくなるトラブルの原因になります。逆に水がたまってとまらなくなるトラブルの原因になることもあります。

取り外してきれいにして戻すと、一時的に症状が解決されることもありますが、経年劣化するもので、新品が1,000円以下で購入できるので、基本的には新品のダイヤフラムと交換するようにしましょう。

ホームセンターではなかなか交換用部品が見つからないこともあるので、ネットショッピングで取り寄せましょう。届くまでトイレが使えないと困る場合は、近くのメーカーショップに在庫があるかどうか確認して取りに行くと、その日のうちに修理を終えることもできます。


出典:http://syogakuseinosyokutaku.ti-da.net/e3404431.html

交換部品を取り寄せるのにトイレの型番が必要になりますが、TOTO、INAXともに便器に向かって便器左下に品番ラベルが貼られているので、注文する前に確認しておきます。


出典:http://iinavi.inax.lixil.co.jp/hinban/index.html


修理方法は簡単です。

1.止水栓を閉じて、タンク内の水をすべて流す

2.浮き球をボールタップから取り外す
浮き球はボールタップに取り付けられている根元から持ち上げると外れます。


出典:http://www.toto.co.jp/aftersupport/solution_t/07_2.htm

3.ボールタップのナットを取り外す
反時計回りに手で回して外します。



4.ダイヤフラムを取り外す
上に持ち上げるだけで取り外せます。劣化している場合は、切れていたり、穴が開いている場合が多いので、ここで確認してみましょう。



5.新しいダイヤフラムを取り付け、ナット、浮き球を設置する

6.止水栓を開けて、タンクに水がたまれば修理完了



これで直らなければ、業者に相談

今回ご紹介した4つの方法でほとんどの場合「水がたまらない、水がたまるのが遅い」というトラブルは解決できます。

ただ万が一、4つの対処法で解決しなかった場合、業者に相談することをおすすめします。可能性としては、止水栓の目詰まりなどの原因が考えられますが、素人の方が止水栓の交換を行うと、後から水漏れの原因になったりするので、おすすめできません。

「トイレタンクに水がたまらない!」イライラする前に自分で直しちゃいましょう

タンクに水がたまらなくて、なかなかトイレが流せないとイライラしてしまいますよね。ただし、原因別に対処していけば、自分でも簡単に直せてしまう場合がほとんどです。

「水がたまらない、たまるのが遅い」というトラブルでお困りの方は、今回ご紹介した4つの対処法をまず試してみましょう。それでもダメなら業者に相談しましょう。

【トイレ】つまり修理やタンクの水漏れ・トラブル即解決

対応エリア
対応エリア地図
  • 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
  • 愛知県、三重県、岐阜県
  • 大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、滋賀県
対応メーカー一覧
対応メーカーロゴ

TOTO(トートー) LIXIL(リクシル) INAX(イナックス) MYM SAN-EI(三栄) JWWA
NORITZ(ノーリツ) Rinnai(リンナイ) サンウェーブ タカラスタンダード
YAMAHA(ヤマハ) タカギ TBC(TABUCHI-タブチ) KVK KAKUDAI(カクダイ)

悪質業者にご注意ください
PAGETOP
受付コード【889】 
Copyright © 町の水道修理センター All Rights Reserved.